トラブル知らずの自慢できる口内【歯科でプラークコントロール】

歯科

人工歯を固定する

院内

インプラント治療は固定力の強いインプラントという装置を使って人工歯を取り付けるため、噛む力などを落とさずにすむといわれている治療方法です。ただ、インプラント治療の他にも人工歯を取り付ける方法はあるため、選択に迷う人も多いようです。代表的な方法が入れ歯治療ですが、入れ歯はどうしても固定力が弱いことが多くグラついてしまうことも少なくありません。グラついてしまうとどうしても噛みあわせが悪くなってしまうことから食品を噛みにくいといった問題を発生させてしまいます。あくまで、入れ歯があっていないとグラついてしまうことがあるため、そのような時は自分にあった入れ歯を提供してもらうかインプラント治療を行うといいでしょう。インプラント治療では自分の顎の骨にインプラントを埋め込むように取り付けるため、固定力が高いといわれています。

審美性にかけているのではと疑問を持つ人も多いようですが、インプラント治療ではあくまでも装置に人工歯を取り付けるため装置そのものが見えることはほとんどありません。このため、審美性という点にも優れています。それだけではなく、インプラント治療を行う際に取り付ける人工歯を自由に選べる歯科もあるため、自分の歯の色に合わせて人工歯を取り付けることができるのです。インプラントに取り付けた人工歯は取り外すこともできるため、歯垢などが人工歯に溜まることはほとんどありません。ただ、人工歯のクリーニングなどは歯科で行うといいでしょう。