トラブル知らずの自慢できる口内【歯科でプラークコントロール】

歯科

インプラントを埋め込む

歯科インプラント

インプラント治療はあくまで歯が抜けてしまった時などに行われる治療です。そのため、虫歯になったからといってすぐに大阪市の歯科でインプラント治療を行えるわけではないのです。ただ、虫歯などにより抜歯を行った際には治療を行いましょう。まず、大阪市の歯科ではインプラント治療を行う前に歯科用CTで口腔内を細かくチェックすることもあります。これにより、現在の歯の状況をチェックした上で、安全にインプラント治療を行えるようになるのです。インプラント治療では、まず歯科用CTなどによるチェックのあと、インプラントの埋め込み施術を行う必要があります。大阪市の歯科では、施術の日程を自分の希望する日に合わせてくれるため、スケジュールを決めておくといいでしょう。インプラントの埋め込みが終わったあとは人工歯を取り付けることになります。人工歯を取り付けるためには、インプラントが顎の骨に馴染むまでまつ必要があるため、少し時間をおいてから施術することになります。人工歯を取り付けたら、インプラントの治療は完了です。ただ、インプラントはメンテナンスが必要になることもあります。インプラントそのものが虫歯になることはありませんが、歯肉炎などになることもあるため、メンテナンスを行い歯垢などを除去してもらうことが大切です。大阪市の歯科では、メンテナンスの際にインプラントに問題はないかしっかりとチェックしてもらえます。そのため、インプラントを長時間活用することができます。